議会報告

2016年12月定例市議会 おいで光議員

認定第1号平成27年度長野市一般会計、各特別会計決算の認定について、委員長報告に反対の立場で討論

◆生出光議員
 15番、日本共産党長野市会議員団の生出光です。
 認定第1号平成27年度長野市一般会計、各特別会計決算の認定について、委員長報告に反対の立場で討論を行います。
 主な反対理由の論点を申し上げます。
 まず、総務部関係では、人件費削減が進められる中で、非正規職員が職員全体の3割に上っております。その賃金水準は、一般にワーキングプアと呼ばれるもので社会問題となっています。これでは質の高い市民サービスを維持することはできません。抜本的に正規職員を増やす方向にかじを切り、待遇改善を図るべきです。
 財政部関係では、財政調整基金からの繰入れが9億円にとどまっております。貧困世帯の増加や経済格差の拡大、少子化という市民生活の状況を考えれば、まだ不十分と言わざるを得ません。確かに少子高齢化が進むに当たり、財政状況が厳しくなることが予想されますが、その中にあっても、運用収入や支出抑制によって基金残高は横ばいか微増を続けております。ならば、もう一歩踏み込んだ財政調整基金の活用をすべきと考えます。
 教育委員会関係では、既に解決済みとして根拠法が廃止されていた同和教育への支出が見られます。これは同和問題を知らない子供たちに、新たな差別を植え付けるものであり中止すべきと考えます。人権教育の本来あるべき姿は、同和問題だけを軸にしたものではなく、人種、性別、国籍、障害、LGBTなど幅広い視点で捉えたものです。
 また、市立長野中学校については、平成27年度、学校説明会や校舎改築実施設計などが行われましたが、過度な競争教育の若年化、地域からの中学生の流出を招くことから反対します。
 保健福祉部関係では、介護保険料の値上げ改定について、予算段階から反対してまいりましたが、区分の変更に伴い、ごく一部の市民に過大な負担増となったことは余りに不公平な結果であり、認めることはできません。今後も高齢者に対し、更なる負担増が予想されますが、国の制度変更があっても、市民生活を守り抜く長野市政が求められます。
 市民生活部関係では、自衛官募集のために長野市が高校生の名簿を自衛隊に提供する事務が執行されました。これは他の市町村の対応に比べれば行き過ぎた対応と言わざるを得ません。自衛官の置かれる状況が大きく変わる下で、一般企業よりも優遇した勧誘手法に手を貸すべきではありません。即刻中止すべきです。また、個人情報の流出リスクを高め、過度な管理社会につながるマイナンバーカード交付事業全般にも反対であります。
 環境部関係では、灰溶融炉を含めた広域ごみ焼却施設に係る支出が見られますが、灰溶融炉については、現在、千曲市の焼却施設でも住民から不安の声が上がっているとおり、安全が保障された技術とは言い難いものです。灰溶融炉建設、稼働は予防原則から、すべきでないと考えます。
 消防局関係では、新中央消防署建設のための支出がありますが、これには私たちは以前から建設予定地の直下に活断層があるとして反対してまいりました。建物自体が損傷を受けずとも、周辺の道路寸断などのリスクが考えられます。安全神話にとらわれない防災行政を進めるべきです。
 以上の点を踏まえ、議員各位の御賛同をお願いしまして、討論といたします。

◎副市長(黒田和彦)
 私から、本日、追加提案いたしました議案のうち、補正予算関係につきまして御説明申し上げます。
 議案第178号平成28年度長野市一般会計補正予算について説明申し上げます。
 本補正予算は、歳入歳出それぞれ1億6,020万5,000円を追加し、予算総額を歳入歳出それぞれ1,590億6,096万2,000円とするもので、その内容につきましては、歳出において、本市職員の給与を国の給与改定に準じて改定することに伴う職員人件費1億5,678万7,000円、特別職期末手当改定に伴う議員報酬341万8,000円を追加するものでございます。
 次に、これらの歳出に要する財源でございますが、繰越金1億6,020万5,000円をもって充当するものでございます。
 以上、補正予算について御説明申し上げました。よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。

◎副市長(樋口博)
 続きまして、私から条例の改正につきまして御説明申し上げます。
 議案第179号長野市職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例は、国家公務員の給与が改定されたため、本市職員の給与を国家公務員の措置に準じて改定することに伴い、改正するものでございます。
 議案第180号長野市立学校職員の給与に関する条例の一部を改正する条例は、長野県立高等学校の学校職員の給与が改定されたため、長野市立高等学校の学校職員についても同様に措置することに伴い、改正するものでございます。
 以上、条例の改正につきまして御説明申し上げました。よろしく御審議の上、御決定くださいますようお願い申し上げます。

»一覧に戻る

年度別に見る

カテゴリ別に見る

議会報告の検索

皆様のご意見をお待ちしております

日本共産党長野市会議員団

長野市緑町1613 長野市役所内日本共産党控室
TEL 026-226-4911(内線3936)FAX 026-266-7882

お問い合わせ
トップへ戻る